【EC成功の鍵】
在庫連携をマスターし業務効率化&売上アップ!

掲載日:
在庫連携を表すコラム画像

EC事業者にとって在庫管理は重要な課題です。適切な在庫連携システムを導入することで、業務効率が大幅に改善され、売上げアップにつながります。本記事では、在庫連携のメリットと導入のポイントをわかりやすく解説します。

EC事業者が抱える「在庫連携/在庫管理」の課題とは?

EC事業の成長に伴い、在庫管理は多くの事業者にとって大きな課題となっています。適切な在庫管理ができないと、過剰在庫や欠品、無駄なコストなど、さまざまな問題が発生します。

在庫連携に関する画像

【過剰在庫の問題】

需要を見誤ると、売れ残った商品が過剰在庫となります。これらは最終的にはデッドストックとなり、廃棄や大規模な値下げセールを強いられ、コスト増につながります。特に季節物商品や賞味期限のある商品では、過剰在庫のリスクが高くなります。例えば、トレンドに乗り遅れた衣服や化粧品、シーズン外の菓子などは売れ行きが悪くなりがちです。

保管スペースの確保も過剰在庫の大きな課題です。倉庫が狭くなれば、新たな保管場所の確保や物流にコストがかかります。できれば、過剰在庫を最小限に抑えたいところです。

【欠品の問題】

逆に人気商品が欠品すると、売り逃した機会損失は計り知れません。欠品は顧客満足度の低下にもつながり、ブランドイメージが傷つき、離れる顧客が出る可能性があります。特に注目度の高い新商品の欠品は、ダメージが大きくなります。人気のゲーム機や家電製品の発売当初の欠品は、機会損失が甚大です。

また、欠品で代替商品を購入された場合、次に本来の商品が入荷してもリピート購入されない可能性があります。販売機会を逸することになり、欠品は大きな損失です。

【業務効率の課題】

在庫管理に手間がかかれば、作業の効率化が図れません。複数の販路や実店舗の在庫データを手作業で集約するのは非常に大変な作業です。人的ミスが発生しやすく、正確な在庫把握ができません。このような非効率な業務は人件費のコスト増加にもつながります。

【コストの課題】

在庫管理に必要な人件費、物流コスト、保管スペースのコストなど、在庫に関連するコストは決して小さくありません。無駄な過剰在庫は、それだけでもロスとなります。また、欠品時の機会損失も見逃せません。無駃な在庫コストを徹底的に排除する必要があります。

このように、EC事業においては在庫管理がビジネス全体に大きな影響を与えます。需要予測が難しい中で、いかに適切な在庫数を維持するかが重要な経営課題なのです。

在庫連携システムの導入で解決できる3つのメリット

在庫連携のメリット

在庫連携システムを導入することで、EC事業者が抱える在庫管理の課題を解決し、さまざまなメリットを得ることができます。ここでは主に3つのメリットについて解説します。

① 適正な在庫数を維持できる

在庫連携システムでは、販売データと在庫データをリアルタイムで連携させることができます。そのため、商品の販売動向を即座に把握でき、適切な発注タイミングや発注数量を判断することが可能になります。

セールの売れ行き次第で機動的に追加発注ができるので、過剰在庫や欠品のリスクを最小限に抑えられます。また、季節商材などの適正在庫水準を見極めやすくなり、無駄なデッドストックを減らせます。

需要予測の精度が上がれば、倉庫の過剰な仕入れを避けられ、保管スペースの有効活用にもつながります。結果として、在庫管理そのものの業務効率が大幅に改善されます。

② ロスコストを大幅に削減できる

適正在庫を実現できれば、過剰在庫による廃棄ロスや値下げ損失、倉庫コストなどを抑制できます。さらに、欠品による機会損失も防げるので、販売機会を逃すコストロスも最小限に抑えられます。

在庫連携システムを導入することで、人的ミスも防げるので、納品ミスによる返品ロスやクレームコストも大幅に削減できます。在庫コストだけでなく、物流コストなども最適化できます。

こうしたロスコストの削減は、販売利益の確保に直結します。EC事業においてはコストコントロールが大きな課題ですが、適正な在庫管理によってロスコストを大幅に圧縮できるのがメリットです。

③ 販売機会の確実な確保につながる

需要を的確に捉えた在庫調整ができれば、常に適正な在庫水準を維持でき、販売機会を逃すこともありません。特に注目の新商品や人気商品については、きめ細かな在庫調整が可能です。

在庫切れのリスクが低下すれば、売り逃しによる機会損失を防げます。また、適正在庫を維持できれば、タイムリーな値下げセールなども実施しやすくなり、売れ残りの最小化も図れます。

さらに、欠品リスクを低減できれば、ユーザーの離反も防げます。顧客満足度を維持できるので、EC販売の収益基盤も守られます。このように、確実な販売機会の確保は、EC事業の永続的な成長にもつながるのです。

以上が、在庫連携システム導入の主な3つのメリットです。適正な在庫管理ができれば、EC事業における大きな課題が解決されることが分かります。

効果的な在庫連携システム選びのポイント

在庫連携システムを導入する際、適切なシステムを選ぶことが重要です。システムによって機能が大きく異なるため、自社の課題や要件を十分に把握し、それに合わせて導入判断する必要があります。ここでは効果的なシステム選びのポイントを解説します。

ポイント1:運用環境に合わせた柔軟性

EC事業者によって扱う商材や販売チャネル、業務の形態は様々です。在庫連携システムは、そうした運用環境に合わせて柔軟に対応できるものを選ぶべきです。
例えば、ECモールと実店舗の両方で販売している場合、異なるチャネルの在庫データを確実に連携できる仕組みが必要です。また、販売サイトが複数に分かれていれば、そのすべてのデータを一元管理できることが理想的です。
さらに、業務のアウトソース状況や在庫管理の方式によっても、求められる機能は変わってきます。自社の実情と要件をきちんと把握し、システムの柔軟性を確認することが大切です。

ポイント2:ビッグデータ活用のための高い拡張性

在庫連携システムからは、商品の売れ行きデータなど、大量のビッグデータが取得できます。これらのデータを活用することで、販売予測の精度が格段に高まります。 しかし、データ量が膨大になるほど、システムへの負荷も高まります。導入時から先を見据え、データの増加に対応できる拡張性の高いシステムを選ぶ必要があります。 また、AIによる需要予測への対応力も重要なポイントです。機械学習による精度の高い需要予測が可能なシステムであれば、在庫最適化の決め手になります。システムの機能拡張性を見極めることが重要です。

ポイント3:連携のしやすさ

在庫連携システムは、基幹システムや他のアプリケーションとのデータ連携が欠かせません。ECサイトや販売管理システム、会計システム、MDMなどとの連携がスムーズにできるかどうかは、重要なポイントになります。
APIの開放状況やデータ連携の仕組みがオープンであるか、導入実績が豊富であるかなどを確認する必要があります。各システム間でデータのやり取りがスムーズにできるかどうかが、在庫の最適化には極めて重要です。
また、システムのカスタマイズ性や導入支援体制なども無視できません。運用中の各種調整がしやすいか、障害時の対応が手厚いかなども、総合的に判断材料になります。

このように、在庫連携システムの選定においては、自社の環境との整合性を様々な角度から検討する必要があります。コストパフォーマンスだけでなく、機能面、柔軟性、将来性など、多岐にわたる要件をクリアできるかどうかをきちんと見極めることが重要です。 システムが課題と要件を満たしていれば、導入による効果は最大化できるはずです。EC事業の売上拡大と業務効率化のため、システム選びは慎重に行いましょう。

在庫連携のポイント

まとめ

EC事業者にとって、在庫管理は経営の肝となる重要な課題です。需要予測が難しい中で、いかに適正な在庫水準を維持するかが、収益確保の鍵を握っています。

まず、適切な在庫管理ができないと、過剰在庫や欠品、無駄なコストなど、さまざまな問題につながります。過剰在庫は廃棄ロスや値下げ損失の原因となり、欠品は機会損失を生み出します。また、在庫業務の非効率化による人件費増加や倉庫コストの増大なども避けられません。このような問題は、EC事業者の収益を直撃します。

そこで必要になるのが、在庫連携システムの導入です。販売データと在庫データをリアルタイムで連携させ、適正な発注タイミングと数量を判断できるシステムは、幾つものメリットをもたらします。

第一に、適正な在庫数を維持できるので、過剰在庫や欠品のリスクを最小限に抑えられます。第二に、さまざまなコストを大幅に削減することができます。第三に、常に適正な在庫水準を保てるため、確実に販売機会を確保できます。これは、EC事業の永続的な成長にもつながります。

ただし、在庫連携システムは、自社の課題と要件を満たすものでなければ、メリットは得られません。そこで重要になるのがシステム選びです。大切なポイントは、運用環境に合わせた柔軟性、ビッグデータ活用に向けた高い拡張性、基幹システムとのスムーズな連携の3点です。

自社の環境と要件を満たし、機能面や将来性にも優れたシステムであれば、導入効果は必ず高まるはずです。適正な在庫管理を実現し、EC事業の課題を解決するための有力な手段として、在庫連携システムは強く期待できるでしょう。

経営資源の効率化と収益力の向上を実現したいのであれば、ぜひ在庫連携システムの導入を検討されることをお勧めします。