需要予測、自動発注、適正在庫管理でECの在庫を粗利・キャッシュに変える

SCMロボット「コマースロボ」

EC業界初リリース
月額20,000円〜


発注管理の管理画面画面
「需要予測と自動発注でEC在庫を粗利に変える」動画

在庫の活用状況をリアルタイムに可視化します。

在庫の活用状況を見える化しても発注システムがないと運用に乗せられません。
「オーダーロボ」は、活用状況の可視化と発注ロジックがセットでご利用可能です。

EC在庫分析と発注でこんな課題を解決

発注はたったの2ステップだけ!

発注を最適化することで自動的に最適在庫管理を実現します!

受注ロボットによる人間の手作業の最適化

発注管理システム
「Order Robo(オーダーロボ)」が
選ばれる5つの理由

選ばれる理由01

WMSを利用するだけ!

特別なデータ連携一切なしで
すぐに利用開始できる

選ばれる理由02

初期費用が不要・低料金!

初期費用なしで利用料が
20,000円/月〜

選ばれる理由03

データの集計は不要!

在庫分析だけでなく
自動発注機能がついている

選ばれる理由04

発注を最適化するだけ!

売上・粗利・キャッシュフローを
継続的に最大化

選ばれる理由05

業務の属人化を完全解消!

人ではなく
機械が業務をやってくれる

自動発注を支援する分析・チェック技術



ロボットの需要予測により自動的に生成された発注推奨データに対して、商品ごとの在庫回転率を確認して発注戦略を構築できます。

発注推奨データを手直しして、正式発注を確定します。

仕入先により最低発注金額や受注曜日が定められている場合があります。
商品ごとに発注ロット数が定められている場合があります。
取扱いSKU数が多い場合、このような条件計算は容易ではありません。
自動発注には、最低発注金額チェック、発注ロットチェック機能を有しています。

発注管理システムの全体図

受注管理ロボットの流れと仕組み

品番ごとに4つの発注方式を設定

複雑な計算が必要な「不定期不定量発注」、「定期発注」に対応しています。発注方式ごとに自動的に発注タイミングと推奨発注量を計算します。ABC分析や在庫回転率を参照して、発注量を手直しして発注可能です。品番ごとに最低ロット数が指定されている場合や仕入先ごとに最低発注量が指定されている場合にも発注時アラートを出して制御できます。

 受注管理ロボットの流れと仕組み

コマースロボ搭載の発注管理機能

コマースロボは、小規模から10,000坪利用の大型物流案件までを管理可能なプロ用のシステムです。バッチ処理やオートショッピング、クラウド印刷を組み合わせて出荷業務を最適化し、伝票作成を自動化します。

需要予測
出荷数に基づく需要予測。ダッシュボードから需要を見つけます。
発注自動推奨
必要な量を必要なタイミングで発注の自動推奨。
発注メール通知
手配漏れを防ぐ発注メール通知。メールでリマインドが可能です。
ABC分析機能
ABC分析をダッシュボードで視覚化。
在庫回転率
在庫回転率をダッシュボードで管理。
在庫日数
SKUごとに在庫日数を出力が可能です。
仕入れ先管理
仕入れ先マスタを管理することができます。
外部連携
入出力マッピングを自由に作成可能です。
複数の発注方式
商品ごとに4種類の発送方式を選択できます。
WMSとの入荷情報連携
PMSで発注完了後、WMS側に入荷予定として登録されます。
発注品番変換
発注データ作成時にWMS品番から仕入先品番に自動的に変換します。
ロット発注
最低発注ロットや最低発注金額をチェックする機能。